ほくろとは?種類やシミとの違い

小さい頃にはこんなにほくろなんてなかったのに、大人になるにつれてほくろが増えてきたなと気になったことはありませんか?特に、顔や洋服に隠れない体の部分にあるほくろだと、一度気になり始めるとどんどん気になりはじめ、人によってはとてもコンプレックスになることもあります。


今回はそんなほくろについて、どんな種類のほくろがあるのか、なぜほくろができてしまうのか、どんなほくろ除去の方法があるのかについて、お伝えしていきます。

ほくろとは?

そもそもほくろとはなにか?
「ほくろ」はメラニン色素を含む細胞が、皮膚の一部に密集してできた母斑(皮膚の奇形)の一種のことを言います。メラニン色素と聞くと、イマイチ意味がわかならなくても、なんとなく紫外線にあたって日焼けをした時にメラニンが〜シミが〜となんとなく聞いたことある方も多いのではないでしょうか?

メラニン色素は一般的に黒〜褐色に見える色素のことで、皮膚にメラニン色素が多ければ、肌も黒くみえますし、皮膚内で密集するとシミとして周りの皮膚よりも黒く見えてしまいます。

ほくろとシミの違いは?

一般的に、知識のない方でも「ほくろは色が濃くて、ポツっとできている」「シミはほくろよりも色が薄い」という認識があると思います。シミとほくろは、メラニン色素が関わっているので似ていますが、違いとしては以下の通りです。

  • ほくろはメラニン色素の集合体とメラニン色素を作るメラノサイトが一部分に増殖した状態(密度が高い)
  • シミはメラニン色素がバラバラと他の皮膚よりも多く集まって色素沈着した状態

黒く見えるメラニン色素やそれを作る細胞までがぎゅーっと集まって、完全に集合体として合体しているものがほくろです。なのでシミよりももっともっと黒く濃く見えます。

ほくろの種類

ほくろも人によって大きさ、色、形が様々です。下記2つの種類には当てはまらない突然大量発生するや明らかに様子がおかしいものは悪性のケースもありますので、少しでも不安を感じる際には医療機関にて検査することをおすすめします。

色素性母斑

メラニン色素を持つ母斑細胞が増殖したもの。大きさは様々で、小さいものから大きいものまであります。また形も様々で、平らなものや盛り上がっているものも。色も黒や褐色と様々です。


単純黒子(ほくろ)

約2mm程度の大きさのものが多く、メラニン色素の過剰生成によっておこります。なかにはシミと判別がつきにくいものもあります。

銀座よしえクリニック