じぶんdeエステのJDE1でスッキリ小顔と美肌ケア。施術方法と効果とは

お腹も足も二の腕も、、痩せたい場所が沢山ありすぎてどこから手をつければいいのか。女性の皆さんは悩みが尽きませんよね。私はじぶんdeエステに通い始めて、顔にエステマシンを当てた日が1番「あれ?なんか痩せた?」と言われることが多かったので、顔の施術が1番モチベーションが上がります。


そこで今回は私がじぶんdeエステで顔の施術をする際におすすめのエステマシンや、どんな機能を使っているのかを具体的に共有したいと思います。

 

悩みその1:私の顔ってむくみやすい!?

まずは私の顔の悩みについてお伝えすると、正直これまで自分ではそんなに気にしていなかったのですが、今回分かったのは顔めっちゃむくんでる!ということでした。そう言えば体重はそんなに変わっていなくても、毎日顔を合わせる身近な人にも日によって「痩せた?」「太った?」と真逆のことを聞かれるなぁとは思っていました。

悩みその2:二重あごとほうれい線が気になる!

むくみの他に、自分が写った写真を見るといつも嫌になるのが二重あごとほうれい線。自分でも太ると顔にお肉が付きやすいと薄々感じてはいましたが、笑った時の二重あごは悲惨です。それから体重が落ち着いている時でもくっきりと浮き出ているほうれい線。ほうれい線については、骨格的に出やすいタイプなんだろうなって勝手に納得していたくらいです。

スッキリ小顔になるためにおすすめなマシンはJDE1

私がじぶんdeエステで顔の施術をする時に1番使用するマシンがJDE1です。体用の大きいヘッドの他に顔用の小(S)サイズのヘッドが2本あります。

他のマシンでも顔用のヘッドや機能もありますが、マシンに1本しか顔用のヘッドがなかったり、一つの機能しかない場合もあるのでそれだけだと物足りなさを感じてしまうことも。そんな方にはJDE1は本当におすすめです。なんと顔用の2本のヘッドで4つの機能があります。


顔用の吸引×ラジオ波ヘッドの特徴

まずJDE1にある顔用のヘッドの1つ目は、1本のヘッドで吸引とラジオ波の2つの機能が同時に使用できます。

吸引はヘッドの真ん中のくぼみが一定の間隔できゅーーっとお肉を吸引する機能です。吸引の強さやスピードは変更可能です。顔なのであんまり吸引力を強くするとお肌が赤くなってしまうので要注意です。適度に刺激を与えるくらいの力で吸引しましょう。

ラジオ波は特殊な電磁波のことです(ラジオ波についての詳しい説明はこちらの記事)。ヘッドを肌に当てると電磁波が肌深部で摩擦熱を発生させ、脂肪を溶かしやすくしてくれます。ラジオ波のレベルを上げすぎると肌に当たるヘッドが熱くなって最悪の場合、火傷をしてしまう危険があるので気をつけましょう。

顔用のEMS×ELヘッドの特徴

JDE1にある顔用のヘッドの2つめは、1本のヘッドでEMSとELの機能が同時に使用できます。

EMSは電気刺激で筋肉を動かす機能です(EMSについての詳しい説明はこちらの記事)。電気刺激なので、ヘッドを肌に当てるとピリリと刺激や痛みを感じます。顔筋がなく頬がたるんだ方はこのEMS機能を定期的に使い、顔に筋肉をつけるだけでも効果を実感しやすいです。

またもう一つのELはエレクトポレーション機能で、美容成分を肌の奥まで浸透させることが出来ます(ポレーションについての詳しい説明はこちらの記事)。そのため、肌の乾燥が気になる方が使用すると、施術後のしっとりお肌に感動することでしょう。美容成分をぐんぐん浸透させると内側からふっくらとみずみずしい肌になり、たるみなどの改善にも繋がります。

スッキリ小顔に効果的なJDE1の使用方法

上記で特徴を説明した顔用の2つのヘッドを使用します。

顔の施術で私が意識しているのはこの2つ。

  • 力をいれすぎない
  • 老廃物をリンパに流す

私は肌がそんなに弱くない方なのでゴリゴリやりがちですが、やっぱり顔の肌は特に敏感なので長い目で見たときに物理的刺激を与えすぎると将来のシミやシワの原因にもなりかねません。ヘッドを顔に当てる際は気持ちいいなと感じるくらいの優し目のタッチでも十分に効果はあります。

またどんなに顔を施術して脂肪や老廃物を流れやすい状態に整えても、最終的に体外に排出されなければ効果は半減してしまいます。顔の施術で大事なのは、きちんと老廃物をリンパに流すこと。脇の下には腋窩(えきか)リンパ節があり老廃物のゴミ箱と言われています。顔の老廃物をほぐし、首筋、鎖骨を通って最終的には脇の下のゴミ箱に流すイメージを持つことが大事です。

それでは私がいつもやっている方法を共有します。

ステップ1:顔用の吸引×ラジオ波ヘッドを使用

まずマシンの電源を入れて吸引力や吸引スピード、ラジオ波レベルを設定します。(JDE1マシンの詳しい使い方はこちらの記事

注意!マシンを使用する前に必ずメイクを落としましょう。

注意!ラジオ波ヘッドは温かくなります。レベルによっては一箇所に当てていると熱くなりすぎることもありますので、火傷を防止するために肌の上で常にゆっくりヘッドを動かし続けて使用しましょう。熱いと感じる場合はラジオ波レベルを下げましょう。

注意!顔用の吸引×ラジオ波ヘッドを使用する際には必ず備え付けのクリームを使いましょう。途中でクリームが乾いてきた際にはマシンを止めてクリームを再度塗ります。但し、クリームを塗りすぎた状態でこのヘッドを使用すると、吸引部分にクリームが詰まってしまい吸引できなくなってしまうこともあるので、適度な量を心がけましょう。

それでは早速、顔用の吸引×ラジオ波ヘッドを使って顔の施術を始めていきましょう。

私の場合、顔用の吸引×ラジオ波機能を20分に設定して、片側10分ずつ施術しています。これから片側10分の説明をします。片側が終わったらもう反対側も同様の手順で行います。

※契約プランによって、時間にゆとりのある方は各施術時間をご調整ください

始めに老廃物の通り道をつくりましょう。(片側2〜3分程)

  1. 鎖骨周辺は老廃物が溜まりやすい場所。まずは鎖骨下から脇にかけてゆっくりヘッドを当てて動かしていきます。下の画像の矢印のように脇へ脇へと流していきましょう。赤い丸の箇所が脇の下にある老廃物のゴミ箱です。鎖骨上はヘッドがフィットしにくい箇所ですが、数回鎖骨上をなぞるように当てましょう。
  2. 次に耳の後ろから首筋にかけ、優しくヘッドを当てていきます。耳から首筋にかけても様々なリンパ節がありますので、老廃物が流れやすいようにしっかりとケアをしていきましょう。ヘッドを動かすスピードが早すぎても効果が半減してしまいますのでゆっくりと優しく当てていきましょう。
  3. 更に首筋から肩にかけてゆっくりヘッドを当てていきます。肩こりの悩みがある方は、ヘッドの温かさを感じながら、凝ってる箇所をマッサージするように動かすと効果的です。

次に顔の施術です。(片側7〜8分程)

  1. まずは顎から、「二重あごよ!なくなれ〜!」と願いながら、ゆっくりと耳方向へと脂肪を持ち上げるように優しくゆっくりとヘッドを動かしていきます。
  2. 順に鼻の横から耳方向へ、顔の中心から外側へ、下から上へを意識してヘッドを動かしていきます。このとき、目の周りや唇はさけてヘッドを当てましょう。おでこは脂肪や筋肉の量が少ないので、ヘッドを当ててもいまいちフィットしません。数回当てる程度でも問題ないです。小鼻もヘッドがフィットしづらいですが、クルクルと円を円を描くように当てましょう。

この時の重要なポイントは「顔の施術中も定期的に老廃物を脇下のゴミ箱に流すこと」顔にヘッドを当て、ラジオ波の電磁波と吸引の適度な刺激で、脂肪が溶けやすく老廃物が排出されやすい状態になっています。そんな脂肪や老廃物たちを今こそ、脇下のゴミ箱にきちんと捨てましょう!

イメージをするのです。顔を施術したことで、脂肪や老廃物は皮膚の内側にウヨウヨと流れやすい状態で漂っていて、こめかみから耳下へ、耳下から肩・鎖骨へ、肩・鎖骨から脇下ゴミ箱へポイ!

それでは、もう反対側も同様に老廃物の通り道を作って顔を施術しましょう(約10分)。

ステップ2:顔用のEMS×ELヘッドを使用

顔用の吸引×ラジオ波ヘッドで片側約10分ずつ、合計20分施術後に私が使用するヘッドは顔用のEMS×ELヘッドです。

この機能の時間を20分に設定してからスタートを押し、EMSとELのレベルを変更します。(JDE1マシンの詳しい使い方はこちらの記事

注意!EMS×ELヘッドは肌に当てた瞬間から電気刺激でピリリと刺激を感じます。人によってはかなり痛みを感じる方もいると思うので、EMSとELのレベルはまずは最小値から設定することをおすすめします。(ちなみに私も一番始めは最小レベルでも結構痛く感じました・・!)

注意!顔用のEMS×ELヘッドを使用する際には、吸引×ラジオ波ヘッドで塗布したクリームとは別の備え付けの透明な化粧水を使用します。前の施術でクリームがついている状態ですが、軽くペーパーで拭き取ったあとに化粧水を塗布しましょう。コラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタ、コエンザイムQ10など様々な美容成分が配合されているのでEL(エレクトポレーション)機能で肌の奥まで浸透させることが出来ます。

顔の施術(片側約10分程)

このEMS×ELヘッドでは主に顔の筋肉を鍛えながら、保湿していくことが目的です。吸引×ラジオ波ヘッドでの顔の施術と同様に行いますが、特にたるみが気になる箇所や乾燥が気になる箇所を中心に行っていきます。

  1. まずは顎下から、耳にかけてゆっくりヘッドを当てていきます。ピリリとEMSの痛みを感じますが、痛いのは最初だけで意外と痛みに慣れてきてちょっと快感にもなってきます(笑)それでも私はビビリなのでいつもレベルは最小値からスタートし慣れてきたらレベルを少しずつ上げていきます。
  2. 次にほうれい線が気になる頬から耳にかけてゆっくりとヘッドを当てていきます。この時「顔筋がなくてたるんだ頬を引き締めるぞ!ハリがなくて出来たほうれい線に美容成分をたっぷり浸透させてやるぞ!」とイメージすることが大切です。
  3. まぶたや目の周りは避けつつ、目の下からこめかみに向かってゆっくりと動かしていきます。この時にも「一気に年齢が出てしまうたるんだ目元を引き締めるぞ!目尻のシワに美容成分をたっぷり浸透させてやるぞ!」とイメージしましょう。
  4. 肩こりが気になる方は首筋から方にかけてヘッドを当てることで肩こり改善も期待できます。

★ちょっと気づいたこと★

  • ローションジェルで肌がひたひたな状態のほうが、EMSの刺激を感じやすいです。途中少しジェルが乾いた時には、ジェルを追加で塗布しましょう。そうするとまた刺激が戻ってきます。
  • 一番始めに使用した時よりも、何度か使用したあとの方が痛みが少なくなったように感じます。
  • 虫歯があると虫歯周辺にEMSを当てた時に歯の神経が痛む気がします(笑)

それでは、もう反対側も同様に行ってみましょう(約10分)。

以上

顔用の吸引×ラジオ波ヘッド 約20分
顔用のEMS×ELヘッド 約20分

これが私がおすすめするスッキリ小顔になるJDE1の使用方法でした。

じぶんdeエステの小顔効果は?

実際にこの方法で1ヶ月(1週間に2回位のペース)試したところの効果はというと。

顔のむくみへの効果を実感

じぶんdeエステで顔を施術した時は「顔がスッキリしてる!」と言われるようになりました。鏡で見ると自分でも明らかにむくみが取れたことが実感できるくらい即効性があります。ただ数日何もしない日が続くと少しずつ戻ってきてしまいます。日頃からむくまない生活を心がけないといけないなと生活習慣を見直すきっかけをくれたのもじぶんdeエステです。

日頃のむくみ予防としては、塩分を取りすぎるとすぐに顔がパンパンになるので、濃い味付けの食べ物には気をつけたり、利尿作用のあるお茶を飲んだり、顔をコロコロするローラーを使ったり、鎖骨から脇の下までのリンパ周辺を流すようになったり。顔がスッキリしていると鏡に映る自分を見るのが楽しくなります♪

顔筋がついてたるみへの効果を実感

じぶんdeエステで顔を施術を何度か繰り返していると、明らかに二重アゴもほうれい線もだんだんとなくなってきました。

むくみが取れてお肉も減ったというのもあります。顔に初めてEMSを当てた時、ものすごく痛くてもうやりたくないなと思ったんですが、次の日から23日顔が筋肉痛になりました。そういえば顔にも筋肉あったんだった!と気づきました。当たり前なんですけどね笑。

何回か施術を繰り返すと筋肉痛はなくなりますが、筋肉がちゃんと機能しはじめたのか、全体的に顔がぎゅっと引き締まり口元のたるみもキュッと上がってほうれい線が薄くなってきました。そうです、私はきっと顔筋ダメダメでした。

巷には変顔して顔筋を鍛える方法やマッサージする方法もありますが、どちらも私には続きませんでした。完全に今はマシン頼みです笑

まとめ

いかがでしかた?もちろん他のマシンでも顔用のヘッドがあり、いろいろな機能もありますが、私の場合、一つのマシンでむくみをとったり顔筋を鍛えたり保湿したりできるJDE1がとてもお気に入り。

45分コースの方でも、着替えや片付けを早く出来るようになれば、約40分位施術時間があるので、是非試してみてくださいね。

この記事を見て気になった方は一度、じぶんdeエステの初回無料体験で顔の施術体験をおすすめします。予約なしでも行けますが、最近はTVや口コミなどの影響で受付にたくさんのお客さんがいて待たされることも。当日に慣れないiPadで情報を入力をすると結構時間がかかってしまうので、当日の時間短縮をされたい方は予約フォームで登録してから行かれることをおすすめします!