ETOVOS(エトヴォス)のミネラルファンデーションの魅力

みなさん普段使っているメイク用品、どんなタイミングで買い替えますか?


  • ずっとリピートしているメイク用品の買い替えのタイミング
  • メイクにかける時間が面倒に感じるようになったとき
  • 雑誌でたまたま見かけたメイク特集に感化されたとき
  • 友達の肌がやたら綺麗で、羨ましく感じたとき

などなど。

私の場合、ずっとリピートで使っていたリキッドファンデの買い替えのタイミングでした。ちょっと気分転換に新しいメイク用品に浮気してみたくなったので、前から存在は知っていて、ずっと気になっていた『ETOVOS(エトヴォス)のミネラルファンデ』を試してみることにしました!笑

この記事ではまずETOVOS(エトヴォス)のミネラルファンデのこと、そもそもミネラルファンデと普通のファンデの違いってなに?という疑問など使う前に知っておきたいtipsを書いていきます。

 

ETOVOS(エトヴォス)のマットスムースミネラルファンデの特徴

日本でのミネラルパウダーファンデの先駆けになったとも言われている
ETOVOS(エトヴォス)のミネラルファンデ。

今回はその中の、「マットスムースミネラルファンデ」の特徴をお伝えします。

目立つ毛穴も綺麗にカバー

粒子がキメ細かいため、毛穴のデコボコを埋めるようにフィットし、毛穴の目立たないなめらかな陶器肌にみせてくれる効果を期待できるそうです。また、ソフトフォーカス効果があり、毛穴やシミ・シワにふんわりとしたベールをかけたような仕上がりにできるそう。ミネラルの力で紫外線をカットできる?!


ETOVOS(エトヴォス)のミネラルファンデは、使用しているミネラルや配合成分にもこだわって厳選されています。

 

  • 国産のくすみにくいミネラルを使用
  • 植物由来の保湿コーティングパウダー配合
  • シリコン・タール系色素不使用
  • 紫外線吸収剤不使用のノンケミカル処方

またミネラルファンデに含まれている”紫外線散乱効果”によって、紫外線はもちろんロングUVAやブルーライトカット効果も見込めるそうです!

ミネラルの力ってすごい!

クレンジングいらずで肌に優しい!ETOVOS(エトヴォス)ミネラルファンデ

ETOVOS(エトヴォス)のメイクアイテムは、ミネラルファンデに限らずすべて石けんとお湯で落ちる処方で作られているそうです!

要するに石けんで落とせるほどシンプルな成分しか使われていないから、肌に優しいのはもちろんですが、面倒に感じる化粧落としだって簡単!

忙しい女子の味方の時短にも繋がって嬉しい限りです!

ミネラルファンデと普通のファンデの違いは?

最近では雑誌やコスメショップでも目にすることの多くなったミネラルファンデ。そもそもミネラルファンデと普通のファンデにはどんな違いがあるんでしょうか。

ミネラルファンデのはじまりは?

もともとは、米国生まれの商品。
1976年にベアミネラル創業者のDIANE RANGER が細かく粉末にしたミネラル(鉱物)だけでファンデーションを開発して、ミネラルメイクアップ(MMU)と名付けたことがはじまりと言われています。

2007〜2008年頃の自然派化粧品ブームの到来により、一気に日本人の肌色に合った商品たちが次々に登場。日本でも一気にメイク市場に広まり、現在では、海外ブランドだけでなく10以上の国産ブランドの商品が存在している。

ミネラルファンデの成分は?

ミネラルファンデに使われている代表的な成分は、こちら。

  • マイカ→火成岩や変成岩などに産生する鉱物。キラキラとした輝きが特徴的で、ファンデーションからアイシャドウまで幅広い製品に使用される。
  • 酸化チタン→白色の顔料。肌への密着性が高くカバー力が高いことから、ファンデーション等に使用される。紫外線(UVA)を反射する効果があるため、紫外線防止剤として配合されることも多い。
  • 酸化亜鉛→白色の顔料。抗炎症効果や肌の引き締め効果があるため、医薬品から化粧品まで幅広く使用されている。紫外線防止(UVB)効果も高いため、紫外線防止剤としても配合されることが多い。やけどなどの治療に使われる亜鉛華軟膏の主成分。
  • 酸化鉄→代表的な顔料であり、化粧品に色をつける成分として伝統的に使われてきた成分である。鉄を熱処理により色を変化させ、安定させた成分。

基本的には、天然ミネラル(鉱物)のみを原料に作られたファンデーションのことをミネラルファンデと呼びますが、日本ではまだ明確なミネラルファンデの定義は確立されていないそうです。

また商品によっては、植物由来の成分を含む保湿成分を配合したミネラルファンデも多数あります。 

ミネラルファンデの特徴は?

一般的に言われるミネラルファンデの特徴は、こちら。

  • 合成着色料フリー
  • タルクフリー
  • 賦形剤フリー
  • 鉱物油フリー
  • 合成香料フリー

ただし、前述したとおり日本においてはミネラルファンデにおける明確な定義が確立されていません。そのためミネラル成分が数%しか配合されていなくてもミネラルファンデーションと謳うことができるそうです。

もし購入を検討するならしっかりと商品によって配合成分をチェックする必要がありそうです!

普通のファンデとは?

私は高校生くらいからずっと”ファンデーション派”なんですが、実際にどんな成分からできているか調べたことなんてこれまで一度もありませんでした。

一言にファンデーションといっても、みなさんもご存知のとおりたくさんの種類が存在しています!

・ケーキタイプ(パウダーファンデーション)
・リキッドタイプ
・クリームタイプ
・パウダータイプ

細かく解説すると、かなりの情報量になるので割愛しますが、ざっくり言ってしまうと、ファンデーションとは「クリームと乳液と同様の油性の基剤に、日本でいう肌色を補うための顔料加えたもの」。

ファンデーションには商品によって様々な特性を持っていますが、肌に塗布した際にヨレにくくするための肌との密着性を高めるためたり、肌からの潤いを逃さないような密閉性を保てるもの、塗布することで肌色や肌ツヤのアップを測れるものなど・・・ミネラルファンデと比較すると、ファンデーションには実にたくさんの人工的なあらゆる成分が入っているということです。

そのため、必然的に「メイク落とし」にも時間がかかりますし、メイク落としを繰り返すことによって、肌への負担も増えてしまうわけです。

ETOVOS(エトヴォス)ってどんなブランド?

ここまで、ミネラルファンデと普通のファンデーションの基礎知識を書いてきましたが、今回私が試してみたいと思ったETOVOS(エトヴォス)についてお伝えしていこうと思います。

ETOVOS(エトヴォス)は日本におけるミネラルファンデのパイオニア?!

私実はETOVOS(エトヴォス)って、おしゃれな商品パッケージのイメージがとても強かったこともあり、勝手に海外のコスメブランドだと勘違いしておりました・・・

ちゃんと調べてみると、実は日本人女性が代表を務める日本の企業でした!

ETOVOS(エトヴォス)の代表を勤めている尾川さん自身が、20代の頃からずっとニキビや肌荒れに悩まれた実体験をもとに、女性のきれいな肌をきれいに保つべく皮膚科学から導き出された肌本来の力を高めるセラミドスキンケアと、クレンジング不要のミネラルメイクの組み合わせを導き出して、誕生したのがETOVOS(エトヴォス)ブランドなんです。

肌を痛めないミネラルメイクを展開し、かつ肌本来の力を引き出してくれるナチュラルサイエンスをベースにした基礎化粧品も数多く展開しており、非常に商品ラインナップも充実しています。

ETOVOS(エトヴォス) ミネラルファンデの評判と口コミは?

ETOVOS(エトヴォス)のミネラルファンデのお試しスターターキッドを購入した私ですが、やっぱり世間の評判や口コミは気になりますよね?

ETOVOS(エトヴォス)の公式サイト上でもリアルユーザーさんによるレビューを確認することができました。私もスターターキッドの購入を迷っている時に、最終的にこちらのレビューを読んで参考にさせてもらいました。

また口コミが多数掲載されている@cosumeのサイトでは、「パウダー部門で3位」、全体の口コミ評価も5.1になっていて、これはかなり期待値大ですね。ちょっと使ってみるのが楽しみになってきました!

エトヴォスのキャンペーンに参加させて頂き、現品を購入しモニターしました。
細かい粒子で、プレストパウダーのような軽さがあります。私は#30のイエロー系の明るめの肌色を選びました。使う量は少量でいいので厚塗り感がなく、セミマットな仕上がりになるなという印象を受けました。
石鹸で落とせるので、肌が敏感になっている時にも使えるのは嬉しいです!
(@コスメ 口コミより抜粋)

簡単にささっと使えるので、休日使いに。粉なのに、乾燥せず綺麗につきます。時間が経つと皮脂に混じって丁度良い感じになります。インナードライで敏感肌な私の肌でも使えそうです。
(@コスメ 口コミより抜粋)

さて、いかがでしたか?

今まで普通のファンデーション派だった私も、なんだかミネラルファンデが気になってしかたなくなってきました!


次回は、いよいよETOVOS(エトヴォス) ミネラルファンデのスターターキッドの購入〜使用感など、使ってみたリアルな感想をお伝えしようと思います!